Skip to content

To f (20)

2012年3月6日

— To f,

I just noticed that I cannot continue to go to the fast food restaurant in my station on the days I put up several weeks ago when it becomes too warm to wear a long coat and thick long skirt. This is because of the harassment I have been experiencing and for which I asked you advice before. To avoid abusers, going to the same place around the same time on the same day is the last thing I should do. So far, heavy winter clothes have helped me keep my mind stable but I do not think I can if I start wearing lighter things mainly because of the stares I have been suffering from.

As for this act of waiting for you, I didn’t really believe you would come see me, I should have been given up long time ago, there are a few other ways that you could contact me if you have the will anyway, and in case that there is, if any, a reason you want to but cannot come see me, you would not be happy imagining I am surrounded by men who have an unusual and unthinkable obsession with my thigh or bust or those who enjoy behaving that way when I am not wearing heavy clothes.

I knew this act itself was strange but thinking the situation was a little unusual, I gave it a try. I am sorry if this has caused trouble to you.

Thank you for everything. Although there was not much fun, I am happier than I was one year ago. Had it not been for your being irritated or angry about me, I wouldn’t be so open as now. (There are some cases that I do still don’t understand why you were angry that much. I think there was a misunderstanding.)

To people who are nice and kind,
Since I started openly care for f, I met many people who helped me out. I have never seen people with such beautiful expressions. Thank you very much. I wish I could have become closer to f and you.

(Maybe I’m too sensitive, but right after I started writing this, a cell phone noise was heard a few times behind the wall of where I am sitting. Incidentally, cell phones seldom go off in the next room, and I think they went off a few times when there was a move in my actions.)

fさん、

気づいたのですが、数週間前に宣言した、決まった日に私の住む町の駅のファーストフード店に行くという企画は気温が上がって長いコートや厚手のロングスカートを着ることができなくなると続けられなくなりそうです。以前ご相談したずっと続いている嫌がらせのためで、同じ日の同じ時間に同じ場所に行くのは避けた方がよいのです。今までのところ冬服のおかげで精神的に安定していましたが、服装が軽くなるとこれまで苦しんできた(主に視線の)嫌がらせが辛くなると思います。

この企画に関して言えば、そもそも最初から駄目もとですし、とっくの昔にあきらめていて当然ですし、その気があれば連絡の方法は他にいくつかあるのですし、また、万が一、そんなことがあったとしてですが、会いに来たいけれど何らかの理由で来れないのであれば、私が冬服を着ていない時に、私のふとももや胸に異常で考えられない執着のある、あるいはそのようなふりをして楽しむ男性たちに私が囲まれているのを想像するのは嫌なのではないかと思います。

こんなことをやっていること自体変だと分かっているのですが、事情が少し特殊だった気がしてやってみました。この件でご迷惑をおかけしていたらごめんなさい。

いろいろありがとうございました。愉しいことはあまりなかったけれど、それでも一年前と比べて私は明るくなっていると思います。fさんが私のことでイライラしたり怒ったりしてくれなかったらここまで気持ちを出せるようになっていなかったと思います。(なぜあそこまで怒られたのか今も分からないことがいくつかありますが、何か誤解があったのだろうと思っています。)

親切にしてくださった皆さん、
fさんのことを表立って気にするようになってから、町で私に親切にしてくださる方にたくさん会いました。皆さんのような美しい表情の人たちは見たことがありません。ありがとうございました。fさんとも皆さんとももっと仲良くなりたかったです。

(気にしすぎかももしれませんが、これを書き始めたとたんに私が座っているところの壁の向こうで携帯の音が数回しました。ちなみに携帯の音が隣の部屋ですることはめったになく、私の行動に動きがある時になったことが過去に何回かある気がします。)

Advertisements

From → To f

Comments are closed.

%d bloggers like this: