Skip to content

Class Supplement (早稲田国際AO入試 勉強のしかた他)

2011年8月28日

試験本番まで2ヶ月弱となりました。あせらず、これまで学んだことの仕上げに入ると共に直前まで自分を伸ばし続ける姿勢を保ちましょう。

本講座の授業形式予定
Day 1~3 予習して授業中に解答します。 
Day 4~7 テストゼミ形式 予習無しで授業中に読んで解答します。 
どちらも解答を添削・採点し、1週間後に返却します。(最終回分は入試当日より前に返却)

予習復習の手順
Day 3まで: 
予習 1)50分で本番と同じように解いて解答を書く 2)できるだけの時間を使って本文の内容を理解する
復習 1)テキストの復習 2)添削されて返却された答案を見て書き直す
Day 4以降:
予習 無し
復習 1)テキストの復習 2)添削されて返却された答案を見て書き直す

テキスト以外の勉強のアドバイス
☆実践練習中心にする: これからは授業以外でも過去問等を実際に解く(解答を実際に書いて見る)ことを中心に勉強しましょう。本番同様に時間を計って行いましょう。
☆筆記問題は最低3回解く: 最初は1題50分で時間を計り本番と同じように解き、次に(まだ解答を見ないで)使えるだけの時間を使って解き直します。その後解答をみて再度やり直します。
☆推敲を重ねる: 添削済み答案・模範解答を読んだ後、1回以上書き直すことが大切です。推敲を重ねるほど次に一度でよい文章を書くことができるようになります。
☆英文読後日記をつける: 要約と感想を各1~2文にまとめて書く習慣をつけましょう。表現力がつくと共に書く材料集めにもなります。

チェックすべきテーマ
以下に、選択的にチェックすべきだと思われる記事の関連テーマを列挙します。これらは将来国際的に活躍される皆さんが意識しているはずの問題だと考えられます。従ってまた、早稲田国際教養AO入試問題で取り上げられるテーマとどこかでつながると考えられます。(山かけではありません。)
☆global warming and environmental destruction ☆food and water shortage
☆globalization ☆ the gap between the rich and the poor
☆fight against poverty ☆democracy and politics 
☆socialism for the rich and capitalism for the poor (big/small government, welfare, class war) ☆discrimination ☆violence ☆human rights ☆technology and human life 
大切なのは鋭い批判精神や強い正義感を持って記事を選択し読むことです。その意味では皆さんが親近感を持つ(あるいは気になる)国・人々の記事を追うことも大切です。これらを通して個性ある解答を書くもとになるものが確立されてゆきます。

— チェックしておくと参考になる人・本・雑誌・新聞・番組・ホームページなど —
以下は全くの私の独断で選んだinformationやinspirationを得る役に立つと思われるものです。
全てインターネットにサイトがあり無料で閲覧・ダウンロードできます。
♦Jeffery Sachs 温暖化・人口増加と貧困対策専門の経済学者です。科学者・経済学者・政府・民間が力を合わせることにより危機を乗り越えることは可能だと主張しています。著作が早稲田国際AO筆記試験で過去2回出題されています。
♦Democracy Now!: インディペンデント放送局。主流メディアでは聞けない重要課題を毎日取り上げます。
♦The Young Turks: YouTube上のニュース局。 頭脳明晰で人間的で面白い元弁護士Cenk氏がホストです。
♦Fareed Zakaria GPS: CNN の日曜時事問題番組Fareed Zakaria GPSのホストZakaria氏が同番組HP上の動画で時事問題の鋭い分析を分かりやすく短く述べます。
♦NPR: アメリカのラジオ局。All Things Consideredでは興味深い話が多数聞けます。
♦Voice of America: 記事が音声で聞けます。ニュースが簡潔にまとめられています。
♦Al Jazeeraの英語放送: 中東関連はこの局でチェックしましょう。CM無し。world newsもあります。
♦BBC のpodcast: ”World Have Your Say”という視聴者参加討論番組がargumentの参考になります。聞き方のコツは共感する意見が出た時にその表現に注意して聞くことです。
♦NatureとScience のpodcast: 科学雑誌NatureとScienceのpodcast では一般の人にも分かる形で科学関連ニュースを発表しています。温暖化、食料・水危機、公害、幹細胞研究、宇宙探査、米政府の科学研究援助方針など地球・人類にとって重要な問題を多数取り上げています。Transcriptもあります。
♦Newsweek/Time格調高い英語で時事問題を詳しく報じています。♦Daily Yomiuri: 日本国内のニュースを英文で読んで表現の仕方を学びましょう。早稲田大学の教授陣が英文で論文を投稿しています。
♦In These Times: かなり左寄り(革新思想より)ですが過激な内容ではありません。不正・不平等・人権問題等に関して一般の人々の視点からの取材を丁寧に行っています。
♦MICHAELMOORE.com: アカデミー賞、スタインベック賞などを受賞した映画監督のホームページです。政治・社会問題をユーモアを交えて取り上げています。言葉使いよりも内容を参考にしましょう。
♦High School Newspaper: 政治意識の強い高校生のための高校生によるWeb新聞です。

Advertisements
Leave a Comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: